[PR]

甲状腺の病気をチェックしましょう

私達の体には甲状腺という臓器があります。甲状腺は喉仏のすぐ下に器官を包み込むように位置している小さな臓器です。この小さな甲状腺は甲状腺ホルモンという物質を作り血液の中に流し込んでいます。

甲状腺ホルモンは私達にとって大切な役割を担っているので甲状腺が異常な状態になると体のあちこちに不調が出て来ます。脳や心臓を活性化したり新陳代謝を促したり、体温の調節などを行っているのも甲状腺ホルモンの働きなのです。

甲状腺が正常な状態の場合はこの甲状腺ホルモンは私達の体の中で最適な量を保っています。しかし病気にかかると甲状腺ホルモンの量が多くなったり少なくなったりします。

そうすると体のあちこちに不調が見られるようになるのです。最近、なんとなく調子が悪い、気にかかる症状がある人は甲状腺の働きに異常があるのかもしれません。チェックをしてみましょう。

甲状腺の病気の可能性を自分でチェックできる表をこのページに用意をしました。気になる症状があったり病気になると現れる症状が記載されています。

甲状腺チェック.comではセルフチェックを行える症状の説明やどんな症状が起こるのか、何科を受診したらよいのかなど甲状腺についての詳しい説明をしています。

他にも気になる健康についてのお話や、気をつけたい生活習慣など知っておくと為になる項目をたくさん用意しています。甲状腺チェック.comで知った健康についてのお話が皆様の生活に役立てれば幸いです。

甲状腺の病気になると甲状腺ホルモンの分泌する量が正常値と異なるので体に不調が出るのです。甲状腺の病気の発生率は100人に2人~6人と言われており発症する確率は女性の方が多く男性の5倍ともいわれています。

決して珍しい病ではないので、甲状腺のセルフチェックを行い早期に発見できるようにしましょう。甲状腺の病気は明確な原因がわかっていません。予防法も今のところ確立されていません。

早期発見、早期治療が今は最善の策だと言われています。芸能人でも甲状腺の病気である事を告白して、長期の休業や引退をする人もいます。

例えば甲状腺ホルモンが活発過ぎる為に常に体温が37.5度くらいあったり、いつもにだるかったりすると日常生活を送るのも大変になってきます。

当然、仕事や学業を行うのもつらくなってしまいます。早期の発見で適切な治療を受けましょう。数年治療を受け、薬を服用していれば半数くらいの患者さんは完治が可能です。

薬を決められた量服用する事で分泌するホルモンの量をバランスを取りながらうまく付き合っていけば完治しなくても普段通りの生活が送れます。また手術によって完治する場合もあります。

治す方法は症状によって様々ですが担当の医師と相談をしながら適切に処置することが大切です。

初期症状が出た場合、眠くて一日10時間以上寝ている、だるくて何もやる気が起きない、眩暈がするなどの理由で家でゴロゴロとしていると周りからはやる気がなくさぼっている風に思われてしまう事もあります。

本人はつらいのですが周りからは分かりにくい症状なので理解されにくい病気です。理解されない為に精神的に落ち込んでふさぎこんでしまう患者さんもいます。

本人も気のせいだ、疲れているだけだと思い込んでしまって病院に行かないと体のどこの具合がどう悪くて何故症状が起きているのかもわかりません。自分が悪いと決めつけてしまって病院になかなかいかない人もいます。

体の不調がしばらく続くようなら早めに病院を受診しましょう。

適切な検査を行い診察を受けて担当の医師と相談をしながら治す方法を実践しながら家族や会社など周りの人に理解してもらうと本人の気持ちも1人で悩んでいるよりは楽になり、甲状腺と付き合う気持ちも前向きになれます。

自分がいつなってもおかしくない病気ですし、珍しい病気でもありません。セルフチェックを行い気になる場合は病院へ行きましょう。家族や周りに甲状腺の病気の方がいたら気にかけて声をかけたり理解をしましましょう。

お薦めサイト一覧

おすすめの高血圧の治療法をご紹介しております。

甲状腺には生姜がおすすめですので、ぜひ試してみてください。

車を売りたい方は必見です。
車を売るとき相場よりも高く売るポイントをご紹介しています。

ブロック注射についてはブロック注射の情報サイトをご覧ください。

頚椎ヘルニアのことでお悩みならこちらのサイトを一度ご覧ください。

五十肩の治療でお悩みの方は五十肩の治療情報サイトをご覧ください。

新着情報

 2017年12月18日:おもしろグッズについて
 2017年12月18日:意識について
 2017年11月13日:TOP