甲状腺チェック.com » 頚椎への対処

頚椎への対処

硬膜外ブロックを適応する範囲はかなり多く、頚部では頚椎椎間板ヘルニアにも対応します。この場合に特に注意しなければならないのが、危険度が高くリスクも大きいため、出来るだけ熟練の医師に依頼するのがよいという点です。

また、このブロック注射は痛みが大きい場合も多いので、痛みに耐えられる自信が無いばあいにはあまりお勧めできません。まず硬膜外に局所麻酔剤等を注入し、交感神経や知覚神経の機能を一時的に抑制させます。

効果としては痛みの緩和や血行障害の緩和があげられますが、患者にとっては激痛を抑えることができたという喜びがもっとも大きいでしょう。

頚椎は背骨の上のほう、人間の首の部分を言いますが、頚椎や胸椎や腰椎などのいくつかの骨が連結しているため、椎間板と呼ばれるクッション機能を持った軟らかい軟骨があります。

その軟骨が色々な複雑な動きを支えているのですが、この動きはかなり負担があるため、頚椎の中にある血管や神経などがトラブルを起こすことはかなり多い症例になっています。このような理由から、頚椎椎間板ヘルニアになってしまう方も多いことが分かります。

また、むち打ち症についてもヘルニアと同様にしびれや痛みを感じますが、こちらについては神経ブロック注射を適用することは無いといっていいでしょう、抗炎症剤や筋弛緩剤、理学療法やストレッチなどが主に用いられるようです。

神経ブロック注射は痛みを伝える神経そのものに麻酔を施しますので、その痛みの伝達自体がブロック注射により遮断されます。

また、ブロック注射は麻酔であるという範囲では一時しのぎにすぎないという判断をされる方も多いですが、やはりその麻酔の効いている間に色々な効果を生むことがもっとも期待されるようです。

一時的にしても、血流を改善することができますので、自然治癒力を試す機会にもなりますし、どのような効果が生むかは未知のレベルにあるということも言えるでしょう。またブロック注射に成功したからといって油断は禁物である、ということももちろん言えるでしょう。