甲状腺チェック.com » 接骨院とは

接骨院とは

日常生活でのふとした動作やスポーツなどで不意に怪我をしてしまうことがあると思います。軽い怪我ですとねん挫や打撲、重い怪我だと骨折などを負ってしまうこともあると思います。そのような際に専門家の治療を受ける機関の一つとして接骨院があります。

接骨院とはそもそも柔道整復師が柔道整復術の行う施術所とされています。柔道整復師とは国家資格であって、この免許を与えられた専門家により、先程も挙げましたねん挫、打撲、骨折に加え脱臼などといった怪我に対する施術を行います。

また、同様の医療機関に整骨院というものがあるのではないかと感じている方もいらっしゃるかもしれませんが、この両者は実を言うと名称が異なるだけであって、どちらも柔道整復師が施術を行っています。

よって接骨院と整骨院は基本的には同一のものと言えますが、柔道整復師自身の意思による違いと表現をするのが正しい認識だと言えます。

接骨院での治療というと、現代ではベッドに寝かせられた後に身体を引っ張られ曲げられボキボキとされて痛そうなんてイメージを持ってしまっている方が多いですが、当然ながらそのようなことはありません。

骨折や脱臼といった骨や関節が本来の状態で無くなってしまった際に、その状態を元通りに戻すための治療などもちろん痛みを生じる可能性はありますが、接骨院だからということではなく他の医療機関でも同じような痛みは避けられませんからね。

ですから大抵の治療に関しては先程ご紹介した誤ったイメージのようなことはありません。治療の方法としては、整形外科とは異なり外科的な手法や薬品の投与といった方法は取られません。

よって症状によっては応急処置を接骨院で施し、整形外科へ誘導する。また、整形外科での処置後にリハビリやストレッチなどの日常生活の中での治療活動の指導などを接骨院で行うという形が多いでしょう。もちろん接骨院の業務に関しては健康保険の適用がしっかりと認められているので、安心して治療を受けることが出来ます。