甲状腺チェック.com » 診断の方法

診断の方法

腰椎間板ヘルニアかどうかを確認するには整形外科などによって、画像によって、検査を待つのが最も早い方法ということがいえます。

一般的な検査方法としては、まず「X線検査」や「MRI」など、近代的な装置を使うことによって、適切に患部を捉えることができるというメリットがあります。ただし、この場合、ある程度規模の大きな医院によって、精密検査が必要になることや、検査費用が高額になるなどのデメリットもあります。

また、その他、触診や問診によっても、腰椎間板ヘルニアの可能性が早期に疑われるケースがあります。知り合いの整骨院に通うなどして「腰が痛い」などの、ある程度の原因がはっきりとわかるようなケースであれば、医師に紹介されるようなこともあります。

ただし、やはり正式に診断されるためには、まず「X線」のように、骨の変性した部位を特定し、どのように神経を圧迫しているのかを見ることで、今後の治療法を正確に特定することができるというメリットがあります。

このほか、MRIのように、断面図から、神経の圧迫部位などを特定することによって、神経がどのように影響しているのか、ということを、正確に特定することができます。

また、造影剤を注射して、変性部位を特定する「ミエログラフィー」や「ディスコブラフィー」の方法が採用されることもあります。また、内視鏡や顕微鏡を用いて変性部位を特定する方法がありますが、近年は早期発見・早期治療が最も望ましいという観点からまず、精密検査をされることが多くなりました。

腰椎間板ヘルニアされた場合、その後の治療は、患者自体が感じる「痛み」やその後の経過によっても必ずしも手術を採用するとは限らないので、慎重に対応することが望ましいでしょう。

また、治療自体に納得できないことは不審に思うことがあるのであれば、セカンドオピニオンのような制度を利用することも一つの判断基準ということがいえます。