甲状腺チェック.com » ゴルフとの関係性

ゴルフとの関係性

五十肩は突然起こる病気で、加齢によって発症することは仕方がない、とは言うにせよ、なんらかの原因があるだろう、と考える方は多いです。つまり例えばスポーツが影響していると考える方も多くいらっしゃいます。

ではどのようなものが悪影響を及ぼすのでしょう。例えば、ゴルフといえばスイングが主体のスポーツです、パットでいささか肩も緊張しがちですが、やはりパットよりもスイングする機会のほうが多くあります。

肩を過度に動かすこと、という意見もあります。つまり肩を動かすことはよくても、過度に動かすとどうしても筋肉が疲労し、炎症も起こしやすくなる、というわけです。

プレイ中に突然に肩の痛みが起こった、などという場合は、まず無理をしないでプレイを中断してでも肩の安静を取るべきと言えます。

付き合いでされている方も多いですが、何かと不便であることをうまく伝えるのが大切です。治療のタイミングを遅らせてしまうと、さらに治療期間が長くなってしまう恐れがあります。また炎症が起こっているとわかったら、絶対安静を誓うのが大切です。

その後リハビリができるようになれば、徐々にクラブにも手が届くように、上手にリハビリしていくのが大切です。

また、よくプレイされている方は予防法も気になるところです。では五十肩を気にしないでどのように楽しんでいけばいいのか、と言えば、まずプレイ前に十分にストレッチすることが大切です。

肩関節や腕、頸部などはもちろんですが、できれば腰や膝、股関節などもストレッチしたほうが無難です。ストレッチは長く使っていなかった筋肉をケアするためには最適な方法です。サラリーマンの方が月に一回ゴルフをする、などという場合は特にお勧めです。

またスポーツの場合は、どのようなものでも、そのフォームが大切です。フォームが悪いばっかりに五十肩になってしまった、という方も多くいらっしゃいますので、スポーツ整体などでフォームを矯正するのもよい予防策です。