甲状腺チェック.com » 自然治癒での改善

自然治癒での改善

頚椎ヘルニアの治療方法には大きく分けて2つ、つまり自然治癒と手術による患部の操作があります。また、頚椎ヘルニアは自然治癒が可能な病気である、とよく言われています。

自然治癒とは安静にするばかりではありません。いわゆる頚椎ヘルニアの患部をそのままの状態に放置したまま改善を試みる保存療法が主体となります。

昔であれば、頚椎ヘルニアには切開手術が多く用いられていましたが、最近では急をようするような症状でなければ自然な治癒を試行することがほとんどです。

保存療法では、特に忙しい方などは数ヶ月やそこらでは完治させることは難しい、と言われています。しかし、数回のブロック注射によって完治した、ですとか、完治までには至らないがこれから先定期的にブロック注射をすることでどうやら頚椎ヘルニアの改善が果たせそうだ、という場合もあります。

しかしながら、ブロック注射の効き目は非常に少ないという場合は、薬物治療やコルセットによる安静を、頚椎ヘルニアの症状をだましながら続けていくしかないと思います。

治癒を果たしたと思っているケースでも、患部に負荷やストレスを貯め続けることによって再発することが充分に考えられます。

首に負担のかかる姿勢を保ったり、おかしな寝方をするなどして痛みを覚えると、治療を再開させることになりますが、また最初から出直さなければならない、とがっかりしてしまいます。

このようなことが無いようにするには、充分に再発予防のためのケアをすることが必要と思います。特に頚部のストレッチや筋力強化トレーニングをして、充分に頭を支えることができるようにしてやらなければなりません。

このことは自然治癒法を選択した場合だけにあてはまるというのではなく、手術で除圧と固定術をしたという場合にも当てはまります。

骨や人工骨に負担をかけるということは、筋肉の力が不足していると言っても過言ではありません。また、食生活の偏りや悪い姿勢についてもケアしていかなければなりません。