甲状腺チェック.com » 腰椎椎間板ヘルニアについて

腰椎椎間板ヘルニアについて

椎間板とは、腰椎の間にあり体への衝撃を和らげるためのクッションの役割をしているものです。背骨にかかる負荷を軽くする重要な役割を持っています。どのようなものかというと、大福餅のようなものをイメージしてみてください。

中心・餡にあたる部分に髄核、その外側を繊維輪軟骨が皮のように包むという構造になっています。この椎間板が、縦のストレスや反るストレスによって、椎間板の中にある髄核が飛び出しヘルニアになります。

腰椎椎間板ヘルニアとは、神経に髄核が突出してしまった状態を言います。つまり、椎間板が突出してしまった状態を腰椎椎間板ヘルニアと言います。突出した椎間板は、脊髄の神経を圧迫します。
そのため、激しい痛みや下半身の痺れが起こります。

もし、腰椎椎間板ヘルニアになってしまったら、急性期は安静にしてください。むやみに動かすのは厳禁です。筋肉に炎症が起こっている状態ですので、湿布などで患部を冷やして動かさないようにします。

入浴は患部を温めることになるので、急性期の時は控えて下さい。痛みが治まってきたら、冷やすのはやめ、必ず専門医に診てもらい、自分の症状の程度を理解し、今後の治療法をしっかりと相談すべきです。

1度突出してしまったヘルニアを元に戻すのは大変難しいことです。ひとたび治まっても、すぐに再発するケースも多いのです。でも、だからといって必ずしも手術が必要というわけではありません。

手術は最終手段として重症でなければ、手術をしない保存療法や運動療法で治療を行うことも十分可能です。また、手術をしないブロック注射などによる治療もあります。

これは、腰椎椎間板ヘルニアなどの痛みの元である、圧迫されている神経の働きを、局所麻酔剤や抗炎症剤で抑えてしまうものです。また、ブロック注射とは別に、椎間板の中に針を刺しステロイド剤を注入するという鎮痛法もあります。

手術は体への負担が心配で…という人は、ブロック注射による治療法について、専門医によく相談をしてみるのもいいでしょう。