甲状腺チェック.com » 住まいについて

住まいについて

大規模なリノベーションの場合、普通は一時家を離れて仮住まいに移ることになるのですが、どうしても予算や条件にあった賃貸が見つからないこともあります。

そんな場合、時間がかなりかかりますが住みながら工事を行うこともできます。大規模な工事になるとスケルトン状態にしたり色々とゴタゴタしたりしますが、一応住みながらでも工事を進めることができます。

ただし、全体を一気に進めるのではなく、部屋ごとに工事を進めていく手法になるため、効率はかなり落ちます。工事をする部屋から荷物を持ち出し、他の部屋に移動。

そして工事が終わったところと工事をやらないところで生活していくのです。これを繰り返すことで、住みながら大規模な工事をすることができます。

ただし、工事をしている最中の家に住むのですから当然、ある程度の騒音や振動は覚悟しておかなければなりません。

また荷物については、普段使わない物はコンテナやトランクルームを活用して置けば、移動の労力が最小限ですみます。しかし問題があります。

このやり方で部屋数が多ければやりやすのですが部屋数が少ないとどうしても暮らすことができなくなります。

こうなると他に移動しないといけないので充分なスペースがあるかを確認してから行動に移してください。