甲状腺チェック.com » ブロック注射ってどんなもの?

ブロック注射ってどんなもの?

ブロック注射と言われただけではどのような注射か判りません。何かを止める、遮断する、という意味はわかっても、血を止めてしまうのか?という方もいらっしゃいます。

実際、これは神経の動きを一時的に遮断する治療です。例えば局所麻酔薬を注射して、痛みの伝達を麻痺させる方法です。知覚神経に効果が現れると、脳への痛みの伝達が一時的にストップしてしまうわけです。

麻酔ですからその作用時間は一定のレベルを超えることはありません。誰でも体内で消えてしまうわけですが、麻酔が効いている状態と同様の効果が長く続くことがあります。

というよりもこの持続効果を狙うのが特徴であるとも言えます。局所麻酔薬は数時間で消えますが、筋肉の硬直や血管の収縮などを取り除くことで、患部の痛みがそのまま無い状態を保つことができます。整体のホメオスタシスを改善するともいいますが、自然治癒の効果を引き出すことができるのです。

例えば腰痛や下肢の痛みに効果があるとされる硬膜外ブロック注射をすれば、知覚神経と運動神経、自律神経の1つである交感神経をブロックすることができます。この結果、痛みを緩和し、また筋弛緩作用と血行改善の効果が期待できます。

硬膜外ブロック、あるいは腰部硬膜外ブロックと似ているものに、仙骨部硬膜外ブロック注射があります。この注射は腰のヘルニアによく用いられ、尾てい骨部から仙骨という臀部の骨の下側にある穴に対して、局所麻酔薬を注射します。

その他、神経根ブロックもよく使用されます。神経ですからレントゲン透視下での施術です。またエックス線造影を使用して神経根の圧迫や異常を観察して行われます。

この療法はペインクリニック、麻酔科などが主な施術場所です。特にペインクリニックは痛みに我慢できない患者さんが多数ブロック注射を用いて治療を受けています。症例数も多く、技術も高いところで受けるのが理想の方法です。