甲状腺チェック.com » 改善する食事

改善する食事

腰痛は生活習慣と大きな関わりがあります。例えばベッドやソファーなどが柔らかいと腰にはよくありませんし、背中にも大きな負担となり、姿勢が悪化して他のことをするにも調子が合わなくなってしまいます。

また運動不足の傾向が強いと筋肉が腰をガードする力が弱まりますし、動物性脂肪の過多、つまり肥満も腰に大きな負担を常にかけることになります。その他には激しいスポーツをすることでも腰には大きな負担がかかります。

多くの職業が腰痛の引き金になるといわれています。デスクワークや肉体労働をはじめとし、タクシーやトラックの運転、農業従事者の方や、また最近では介護をされている方の腰痛が多くなっているようです。

お年寄りの重い体を安静に動かすことほど大変なことはないかもしれません。常にぶつけないように、骨を痛めないようにしながら、身体を反転したり、衣服を変えたりすることはかなりの重労働と言えます。

このような状況で勧めれられる腰痛改善法として大切なものの1つが食事の効果をアップさせることです。腰にいい食事を多く摂ることは必須です。

体操やストレッチ、マッサージやグッズなどを利用するのもいいですが、食事が偏っていたり、肥満体質を誘っているようなメニューばかり食べていたらやはり何も意味がありません。

ちょっと変わったものだと日本酒が血行の改善によいと言われています。まさお酒から、という意見が聞こえてきそうですが、無理をしないでちょっとしたことから始めるのも大切です。

日本酒は毛細血管を拡張させますので、身体の隅々まで血液が行き渡り、常に暖かい状態を維持することができます。他には生姜や大豆、酢の物などの健康的な食事も多くとると効果が上がります。

お酒のおつまみでもまず簡単に実践することが大切です。特にストレスがほとんどない、という方には気楽に始めることができると思います。

徐々に自分の好みのものを増やしたり、食べず嫌いを解消しながら、楽しくメニューを組み立てる、このような方法がもっとも理想的な食事改善法と言えます。