甲状腺チェック.com » 病気、何科?

病気、何科?

甲状腺に異常があっても軽い自覚症状なら本人は疲れているだけだろう、軽い風邪だろうと思い見過ごしてしまいがちです。体の不調が続き喉仏の下の辺りが腫れていたらそれは甲状腺になんらかの異常があるのかもしれません。

この病気にかかる人は少なくないとはいえません、しかし誰もが知っているとも言えません。有名人の告白で認知度は高くなりましたが、詳しい内容が分かる人はまだまだ少ないでしょう。

喉の下あたりが腫れていたり体の調子が良くない状態が続いているので診察を受けに行ってみようと考えても何科を受診したらよいのか迷ったり分からなかったりする人もいます。

そのような場合、基本的には内分泌科を受診されるか、甲状腺専門医を探して受診されるといいと思います。とりあえず近所にある内科などを受診しても血液検査、問診などは行ってくれます。

しかし、正しく症状の原因が診断が出来ない場合があります。近所の内科で異常なしと診断されても症状が続く場合は一度、専門の機関の診察を受けてみましょう。

何件も診察を受けて異常なしと診断されてようやく専門機関で甲状腺が体の不調の原因だと判明する場合もあるのです。大きな病院に行き、受付で自分の状態を話すと案内の係の方がどの科の診察を受ければいいのか教えてくれます。

また事前に電話で問い合わせておくのも良い方法です。小さな町の診療所とは異なり待ち時間や薬の受け渡しなどに時間がかかってしまいますが、検査できる設備や知識の豊富な専門医がいるので正確な診断をしてくれます。

適切に診断されれば気になっていた症状のことやどのような状態なのかを説明してもらえます。原因がわかれば早めに治療を始める事が出来ます。検査の内容としては採血をして血液検査を行い甲状腺ホルモン測定とエコー検査などを行います。

血中のホルモンの数値を測る機械や設備は専門のところでないと設置されていない事が多くあります。検査はだいたい一日で終わります。検査の結果は一週間程度かかることが多いようです。

今ではインターネットが普及しているので専門医や甲状腺専門の病院も簡単に調べられるようになりました。自分の住んでいるところや勤務先、学校などから行ける範囲の専門医がいる専門機関や診療所をしらべて受診してみましょう。

病院のホームページには診療方針や具体的な例、所属している医師の経歴や説明も載っているので、受診する前に一度見てみるといいと思います。

受診をして診察の結果甲状腺の病気だと診断されたらホルモンの量を調節する薬の服用や場合によっては手術など適切な治療が行われます。現在の皇后陛下、美智子様もお若いころに甲状腺の病気を患い、手術を受けて完治したそうです。

その手術を行った病院も甲状腺に特化した専門病院でした。なるべく早くに専門医の診察を受けて早期に治療して完治をめざしましょう。