甲状腺チェック.com » 指圧とヘルニア

指圧とヘルニア

椎間板ヘルニアは骨の病気で、軟骨に障害が起こり、周囲の組織、特に神経を圧迫することで自覚症状が現れます。

また、髄核と呼ばれる軟骨の内部組織の突出がある場合が多く、突出の状態にも様々ですが、突出が小さく、また回りにある線維輪の損傷も少ない場合は安静だけで完治する場合もあります。


重いものを持ち上げたり、デスクワークで始終姿勢が悪い、などの場合によく出る症状ですので、常日頃からのケアが大切ですが、どうしても出てしまうような仕事、状況は多いと言われています。

病院での治療は、薬剤や牽引、温熱などの保存療法、そして手術療法のどちらかが選択されます。また多くの方が手術が必要ということは代替療法は無効だろう、と考えますが、実際に手術適応の患者さんが指圧でよくなった、という例が多くあります。

特に髄核がまだ中にある場合は、症状の緩和の可能性は高いとも言われています。指圧によって周囲にある筋肉を緩める、またはストレッチ療法なども平行させることで、症状の悪化を防いだり、再発を予防することも可能です。

ですので、病院で手術を勧められている、入院するほどではない、という方は一度指圧院を訪れる価値は充分にあると言えます。

効果があるツボとして、まず命門、めいもんがあります。腰痛に効果があるツボですが、一般の方でもかなり探しやすい部位に位置し、臍のちょうど裏側にあるツボです。

その他には大腸兪、だいちょうゆがあります。こちらもかなりポピュラーなツボですが、左右の骨盤の一番上のあたりからちょっと内側に入った場所です。便秘などにも効果がありますので女性には特にお勧めです。

この病気には予防が大切です。また予防のためにはやはり常に腰をいたわることです。このためにはツボ療法が効果的です。ちょっとした筋肉痛、骨の痛みなどの場合でも、ツボ治療をすることによって、生活の質、QOLがかなり改善することができます。